【5分でわかる】検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドとは?要点を簡潔にまとめてみた!

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドとは SEO

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドとは?

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」とは、GoogleがSEO初心者向けに提供しているSEO対策の公式学習資料

このガイドを読むことでSEOの基礎知識を学ぶことができます。

サイトやブログを始めた方や、今後始める予定がある方は、必ず読むべきガイドでしょう。

最初にお伝えしておきますが、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドには、検索順位で1位をとるための明確な方法が書かれているわけではありません。
ですが、ガイドに沿ったSEO対策を施すことで、「検索上位を狙うための土台作り」をすることができます。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドには、全部で10個のSEO施策が記されています。
各施策について具体的な対策方法が書かれており、少しボリューミーな内容となります。

私はガイドページを読み終えるまでに約30分かかりました。

SEO初心者の方であれば、なおさら読むのに時間がかかってしまうと思いましたので、
今回は要点をかいつまみ、5分でガイドの内容がわかるように整理しました。

早速紹介していきたいと思います。

▼SEOの基礎知識を知りたい方はこちらの記事がおすすめです

検索エンジン最適化スターターガイド:10個のSEO施策

1.自分のサイトをGoogleに伝える

大前提として、サイトを立ち上げたからといって、すぐに自分のページが検索で出てくるようになるわけではありません。

まずは自分のサイトやブログの存在をGoogleに認知してもらう必要があります。
Googleに認知してもらうことで、自社サイトが検索結果ページに表示されるようになります。

Googleに認知してもらう方法はいくつかありますが、最適な方法は、「サイトマップ」の作成と送信です。

サイトマップの役割や作成・送信方法を確認する

2.表示させたくないページをGoogleに伝える

ユーザーに見せたくないページ(準備中のページや機密情報が書かれたページ)は、Googleに伝えて検索結果に表示させないようにしましょう。

「robots.txt」ファイルを使うことによって対応できます。

robots.txtの役割や使い方を確認する

3.Googleとユーザーがページを理解できるようにする

Googleとユーザーにページの内容を正確に伝えるためには、以下3つのポイントを抑えましょう。

  1. ページごとに固有の簡潔なタイトルを作成する
  2. ページの内容を要約したdescriptionを作成する
  3. ページ内コンテンツを整理するために見出しタグを使う

①ページごとに固有の簡潔なタイトルを作成する

複数のページに同じタイトルを付けたり、冗長なタイトルを付けるのはやめましょう。
32文字前後で、簡潔かつ分かりやすいタイトルを作成してください。

②ページの内容を要約したdescriptionを作成する

ページの内容と関係のないことを書いたり、複数のページで同じdescriptionを使うのは避けましょう。
150文字前後で、ページの内容がわかりやすく要約されたdescriptionを作成してください。

③ページ内コンテンツを整理するために見出しタグを使う

ページ内には複数のコンテンツ(または章)が存在すると思います。
各章ごとに見出しを作成し、Googleやユーザーにとってわかりやすいコンテンツ構成を心がけましょう。

検索エンジン最適化スターターガイド|Google 検索セントラル
※上記3点についてより詳細に説明されている箇所へリンクします。

4.検索結果での表示を最適化する

検索結果には、いくつかの特殊な機能を表示させることが可能です。
例えば、「よくある質問」「会社のクチコミ」「飲食店のレビュー」などがあります。

構造化データというコードを書くことで対応できます。

構造化データの種類や書き方を確認する

5.サイト構造を整理する

サイト構造を整理するポイントは以下の3つです。

  1. サイトのディレクトリ構造を整える
  2. ユーザーが理解しやすいナビゲーションを設置する
  3. ユーザーがわかりやすいURLを作成する

①サイトのディレクトリ構造を整える

トップページや中トップページ、下層ページといったサイトの構造をわかりやすく作成しましょう。
また、訪問ユーザーを適切なページへ導くために、「パンくずリスト」を活用してください。

②ユーザーが理解しやすいナビゲーションを設置する

サイトやブログ内の構造やページを簡単にまとめたナビゲーションページを作成しましょう。
ユーザーがページを見つけるのに役立ちます。

③ユーザーがわかりやすいURLを作成する

「1234.html」や「aaa.html」のようなファイル名は避け、ページに関係のある単語を使ったURLを作成しましょう。
URLは検索結果ページにも表示されるので、ユーザーにとってわかりやすい名前である必要があります。

検索エンジン最適化スターターガイド|Google 検索セントラル
※上記3点についてより詳細に説明されている箇所へリンクします。

6.コンテンツを最適化する

ユーザーが読みたくなるような有益でオリジナリティのあるコンテンツを作成しましょう。
どこにでも書いてあるような情報だけでは検索上位をとることは難しいです。
ユーザーが求める情報を正しく把握した上で、専門的かつ価値のあるコンテンツを作れると良いです。

読みにくい文章を書いたり、誰かの文章をコピーまたは既存のコンテンツを重複させた内容は絶対に辞めましょう。
また、ユーザー体験を損なう過度な広告表示も避けましょう。

重複コンテンツについて確認する

7.画像を最適化する

画像ファイル名にはわかりやすい名前を付けましょう。
「1234.jpg」「aaa.png」のようなファイル名は避けてください。

また、altテキストを必ず記載し、画像の内容を簡潔にわかりやすく書くと良いです。
何らかの理由で画像が表示されなかった場合や、視覚障害のある方がスクリーンリーダーでページを閲覧している場合にaltテキストが読み上げられます。

8.サイトをモバイルフレンドリーにする

最近は、ほとんどのユーザーがスマートフォンを使って調べ物をしています。
そのため、スマートフォン表示に最適化されたデザインのページを作る必要があるのです。

レスポンシブウェブデザインでサイト、ブログを作成しましょう。

レスポンシブウェブデザインの実装方法を確認する

9.サイトを宣伝する

サイトやブログを作成したら、ユーザーにいち早く発見してもらうためにSNS等で発信しましょう。
実店舗を運営している場合は、「Googleマイビジネス」への登録を進めてください。

10.検索パフォーマンスとユーザー行動を分析する

Googleが提供している無料分析ツール「Search Console」を活用して、サイトパフォーマンスを分析しましょう。
Search Consoleを使えば、ページの流入データや問題点を発見することが可能です。

より詳細なアクセス解析をするためのツールとして「Googleアナリティクス」があります。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの注意点

ここまで、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドに記載されている10個のポイントについて紹介してきました。

これらのポイントはあくまで必要最低限のSEOルールとして捉えてください。

Googleは他にも以下のようなガイドラインやトレーニングを提供しています。

各ガイドラインを参照し、自分のサイトやブログに適用させることで正しい対策を行いましょう。

まとめ

今回は、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドについて簡単にまとめて説明してきました。

たったの5分足らずでガイドの内容がざっくり理解できたのではないでしょうか?

このガイドは、特にSEOを始めたばかりの方には必読です。
さまざまなSEOメディア・会社が具体的なSEO対策について書いた記事を公開していますが、まずはGoogle公式が出している対策方法を学ぶべきです。

「SEO対策の答えはGoogleのみぞ知る」

これは事実としてあるので、対策に迷ったらまずはGoogle公式の情報を確認しましょう。

検索エンジン最適化スターターガイド|Google 検索セントラル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

カズSEOコンサルタント / 25歳
2018年4月に楽天株式会社に入社。2019年10月に楽天カード株式会社に転籍し、社内SEO主担当とWebディレクターを兼任。 2021年9月に独立し、現在はSEOコンサルタントとして活動中。 『カズログ』では、得意とするWeb集客マーケティングと地元である那須のことを発信している。